The Wolf of Roppongi Street ~ウルフ・オブ・六本木ストリート~

駐妻には負けない!六本木通りの狼になりたい駐夫(ちゅうおっと)による金融、トライアスロン、シンガポール、グルメのブログ。

5月22日の投資環境

 

-21日のロンドン・ニューヨーク時間

アジア時間に200日移動平均線を突き抜けて101円割れしたドル円が急反発、FOMC議事録発表後は米株のラリーを受け米金利も上昇。

-22日のアジア時間

中国の5月Flash PMIが予想比上振れしたことからリスクオンの地合いが続き、ロンドン・ニューヨーク時間の流れが継続。日経も大幅高。

難しい相場だが配当の高い国際優良株を中心に保有し、潜在的なリスク要因に目配りをしながらキャリーを取り続けていくしかないとみる。とはいえ気を付けても下落を避けきれないのが相場というもの。一時の急激な値動きに煽られて売りたくなるような銘柄ではなく、不況下でもきちんと配当を支払い続けることができる企業、配当利回りが上がれば保有額を引き上げたいと思える企業の株を打診買いしていくべし。

 

↓以下ウルフの敬愛する広瀬さんのブログより引用

こういった鉄板銘柄中心に攻めるのが吉。

 

NISA(ニーサ)をはじめるにあたって 5年という歳月は、みじかいようで、気が遠くなるほど長い 結婚相手を選ぶつもりで、銘柄を探せ!

http://markethack.net/archives/cat_50051802.html

ちょっと地味目、だけど身持ちはゼッタイに良い……そういう相手のサンプルとして、僕の近著『Market Hack流世界一わかりやすい米国式投資の技法』では次の5銘柄を挙げておきました:

シェブロンティッカーシンボル:CVX)
ノバルティスティッカーシンボルNVS
ブリティッシュ・アメリカン・タバコティッカーシンボル:BTI)
マテル(ティッカーシンボル:MAT)
ゼネラル・ミルズティッカーシンボルGIS

 

広告を非表示にする