The Wolf of Roppongi Street ~ウルフ・オブ・六本木ストリート~

駐妻には負けない!六本木通りの狼になりたい駐夫(ちゅうおっと)による金融、トライアスロン、シンガポール、グルメのブログ。

【ゼロヘッジ】 なぜニューヨークのレストランはクソなのか

人々はニューヨークのレストランはクソだと文句を言い続けています、そのレストランが発見したことを見てみて下さい。

 

ニューヨークのある有名なレストランはどうして彼らが悪いレビューをもらい続けるのかを調べるために調査会社を雇うことにしました。調査結果は以下の通りでとても興味深いものでした。

我々は地元民にも旅行者にも人気の高いレストランです。何年もこのビジネスをやってくる中で、我々は日々の顧客数は10年前と現在でほとんど変わっていないことに気付きました。我々はスタッフを増やし、メニューの項目数を減らしたにもかかわらず、サービスは超遅いと感じられているのです・・・

レビューサイトにおける最もよくある苦情のひとつは、サービスが遅い、かつ/または、テーブルにつくまでに長く待たなければならない、というものです。

我々はこの謎を解くため調査会社を雇うことに決めました。彼らはまず社員はもっと研修を受ける必要があり、キッチンスタッフはおそらく単にそれほど多くの顧客にサーブする仕事に慣れていないことを指摘しました。

ほとんどのニューヨークのレストラン同様、我々も監視システムを持っています。現在のデジタルシステムとは異なり、10年前にはまだ特別な大容量テープを使って全ての活動を記録していました。どの瞬間においても、我々はSONYの4つの特別カメラで記録をしていました。テープは何かで必要になったときのために念のため90日間保存していました。

調査会社は、古いテープを見つけて10年前と今でスタッフの行動がどのように異なるか分析することを勧めてきました。我々は倉庫に行きましたが、テープを見つけることはできませんでした。

我々は記録装置を見つけることはでき、ラッキーなことに、それぞれの機械の中には新しいデジタルシステムに移行する際に取り出されなかったテープが1本ずつ残っていたのです。

古いテープの日付は2004年7月1日木曜日でした。我々のレストランはとても盛況でした。我々はテープを大きなモニターで再生し、隣のモニターには2014年7月3日木曜日の映像を再生しました。お客さんの数はほぼ同じでした。

調査結果を簡単にご説明したいと思います。我々は以下のデータを得るために45件の取引を注意深く観察しました。

 

 2004年:

お客様が入店する。

席に座りメニューを渡される、45組中3組が他の席に移動するよう要求される。

お客様はメニューを閉じ注文の準備ができたことを示すまでに平均で8分を要する。

ウェイターがほぼ一瞬でオーダーを取りに現れる。

前菜は6分以内に提供される、もちろんもっと手の込んだものはより長い時間がかかる。

45組中2組が料理を返品する。

ウェイターはお客様が何か必要とされた際に素早く反応できるようテーブルに目を配らせる。

お客様が食べ終わると、会計が届けられ、5分以内に店を出て行く。

平均滞在時間:1時間5分

 

 2014年:

お客様が入店する。

メニューを開く前からお客様は携帯を取り出し、写真を撮ったり、携帯で何か他の事をやり始める。(お客様のWIFIはモニターしていないため内容は分かりません)

45組中7組はすぐにウェイターを来させ、携帯で何かを見せてウェイターの時間を平均5分使った。これは最近のテープだったのでウェイターに何が起きたのか聞いたところ、これらのお客様はWIFI接続に問題があり、ウェイターに助けるよう要求していた。

ついにウェイターが注文をとるためテーブルに歩み寄ってくる。大多数はまだメニューを開いてすらいないため、ウェイターに少し待つよう頼む。

お客様はメニューを開き、その上で携帯で何かをやり続ける。

ウェイターが注文の準備ができたか、質問がないか確認するため戻ってくる。お客様はもう少し時間を要求する。

ついに注文の準備ができる。 

席に着いてから注文するまでに要する平均時間は21分。

6分以内に食事が提供され始める。より手の込んだものはかなり時間がかかる。

45組中26組が食事を撮影するため3分を費やす。

45組中14組が食事を目の前において、または食べながら、お互いの写真を撮る。写真をチェックしたり取り直したりするため、平均で4分かかる。

45組中9組が食事を温め直すよう要求する。明らかに、お客様が携帯で何かをするために止まらなければ、食事は冷たくはならなかった。

45組中27組がウェイターにグループ写真を撮るよう要求した。そのうち14組は最初の写真に満足しなかったため、取り直しを要求した。このプロセスは平均で5分を要し、ウェイターは他のテーブルにサービスすることができなかった。

ほとんどの場合お客様は常に携帯で忙しいため、食べ終わってから会計を要求するまで平均で20分かかった。さらに、会計が届けられてから支払いを済ませ店を出て行くまで、10年前よりも15分余計にかかった。

45組中8組がレストランに入ってくるときまたは出て行くときに他のお客様またはウェイターにぶつかった(歩きスマホ)。

平均滞在時間:1時間55分

我々はレストランに来てくださる全てのお客様に感謝しています。結局のところ、世間にはもっともっとたくさんの選択肢があるのですから。でも、もうほんの少しだけご配慮をいただくことはできないでしょうか?

 

"Why Do New York Restaurants Suck?" - The Surprising Answer | Zero Hedge

広告を非表示にする