The Wolf of Roppongi Street ~ウルフ・オブ・六本木ストリート~

駐妻には負けない!六本木通りの狼になりたい駐夫(ちゅうおっと)による金融、トライアスロン、シンガポール、グルメのブログ。

イギリス人とサッカーをして学んだ英語

シンガポールに来て、非日本人(主にイギリス人)とサッカーやフットサルをする機会が増えました。

ひたすら当たりが強い、前向くとすぐシュート打ちたがる、シュートブロックがやたら上手い(=シュートフェイントにやたらひっかかるw)、点取ると露骨に優しい、外すと露骨に冷たい、など日本人とは色々違いがあって楽しくプレーしているわけなのですが、問題がありました。

 

指示が、出せない。。。かけ声が、掛けられない。。。

 

「ナイッシュー!!!!」とか言ってみましたが、いまいち反応うすうす003。

普段の会話では話せていても、サッカーの局面で使う表現を全然知らなかったということを思い知りました。

 

そこで、語学学習の王道、パクる、の出番です。

僕が彼らからパクった表現をまとめていきます。

 

どれも短い言葉なので、覚えてしまえば叫ぶのにも便利です。

あとは裏技としてピッチの外から声を掛けてるときには、隣の外人が叫んだことをそのままもう一度叫ぶということもできます(笑)

 

イチ日本人サッカープレイヤーとして一番思ったのは、「全然ナイスって言わないじゃん」ということですかね。

 

Man on (you)! マノーン!敵が来ているぞ!マークをしょってるぞ!

Unlucky! アンラッキー!おしいおしい!(日本で言うナイッシュー!と同じようなノリで使う)

Lovely! ナイス!いいね!(これはイギリス英語っぽいかな?男でも余裕で連発してます)

Brilliant! 最高!

Nutmeg また抜き

Stay there! そこにいろ!そのまま!

Don't dive in! 飛び込むな!(Stay there, don't dive in!のように組み合わせで後ろの選手からの指示が飛んでくることもあります。)

XXX is on!  誰々(XXX)があいてるぞ!XXXを使え!

Have it! シュートを打て!

Great save! (キーパーに対して)ナイスセーブ!

Great football! ナイスプレー!いい形はできてるぞ!

Great strike! ナイッシュー!特にミートがとてもよかったときなど。

Great idea! アイディアのある華麗なプレーをしたとき。しようとしたけど失敗したとき。

Square! 横パスを出せ!

Down the line! 縦パスを出せ!

Drop it! かなり近い距離でパスをくれ!

Good ball! ナイスパス!

Handball! ハンド!

No, stomach! ちげーよ、おなかだよ!

No, chest! ちげーよ、胸だよ!

One more! (ワンツーの1個目のパスをもらった人に対して、)ワンツーやれ、2個目のパス出せ!という指示。

Good stuff! ナイスプレー!

Great tackle! ナイスタックル!(タックルといっても日本人が想像するショルダータックルだけでなく、なんか足で行ってたまたまボール取れただけでしょ的なやつにも結構関係なく使っている。あーあれもタックルなのね、という感覚になる。)

Great finish! ナイスシュート(決まったとき)。

Too casual! 軽いよ!(ディフェンスに文句を言うとき。)

Good work! ナイスプレー!

Place it! (シュートを打つため自分が走りこんできてるから、)ボールをちょんと止めてくれ!

Push forward! あがれ!押し上げろ!

Behind you! ボールを下げろ!(サポートがいるぞ!)

Switch! 入れ替われ!マークの受け渡し。

Time! 時間を使え! (日本で言うフリー!の意味合いに近い。まわりに敵がいなくてスペースがあいているときに使う。)

Good effort! よく頑張った!ナイスガッツ!

Good strength! (体を張ったプレーに対して)サンキュー!(日本語に直すのが難しいが、敵から激しいタックルを受けながらもボールをキープしたときなど、身体の強さ、コアの強さを褒める感じ。)

Bring it! ドリブルでボール持ってこい!押し上げろ!

Man coming! 敵が来てるぞ!マノーンはぴったりつかれてるけど、こっちはもう少し離れたところから寄ってきている感じ。